2005年10月18日

私のパチ依存史。

私とパチとの出会いは、20歳ぐらいだったと思います。当時、会社の先輩に連れて行ってもらったのが始まりでした。ゲーム好きで負けず嫌いな私がのめりこむのには時間はかかりませんでした。しかしまだ、依存症というほどではありませんでした。付き合っていた彼もパチンコをする人でしたが、一緒に行くことはほとんどありませんでしたし、時々行く、という程度だったと思います。

いつ頃から1人で行くようになったかは、はっきり言って覚えていません。ただ、仕事先が変わって、ある程度のお金を持つようになってから、休みのたびに打ちに行き、少しでも仕事が早く終われば、打ちに行く、そんな生活になった気がします。給料日まであと5日、500円で生活しないと、なんてこともざらでした。

そんな私が、最初に禁パチしたのは、23歳のときでした。付き合い始めた彼(今の旦那)に、

「パチンコはやめて。」

と言われたのです。私は素直に従いました。本当に1年間、まったく行きませんでした。このときちゃんとやめていれば、と悔やまれます。なぜまた打つようになってしまったか?それは、友人の誘いでした。

「私とやったら旦那、怒らへんやろ?ちょっとだけ行こうや。」

この誘いに乗ってしまったのです。1回行ってしまったことで、また元の生活に逆戻りです。友人がそれについて言った事・・・

「私のせいにせんといてな。」

そうです。私が悪いんです・・・(T-T)

そしてその頃から、嫌な事が続きました。母が難病にかかったこと。叔父が医療ミスで記憶をなくしてしまったこと。そして、暴漢に襲われたこと。

ただでさえ感情の起伏の激しい私の心は、バランスを失っていました。大量に市販薬を飲んで現実逃避しようとしたり、それはもうむちゃくちゃでした。

そんな中でも、周りの人たちに支えられ、何とか時は過ぎていきました。相変わらず、パチには行っていました。仕事をやめてもそれは変わらず、せっかく貯めていた結婚資金もあっという間になくなっていきました。何度もやめようと思いましたが、続きませんでした。

しかし、転機がやってきました。

☆婚 約☆

です。(〃∇〃) てれっ☆

それから、パチンコは完全に行かないまでも、月に1度くらい友達と行く、というように、ちゃんと「遊び」として付き合うことができていました。それが、結婚後も半年ぐらいは続きました。しかし・・・半年後に事件は起こりました。何があったのかは書きません、てか書く勇気ないんですけど。そりゃあもう、あっという間に

パチンコ依存へまっしぐら。

やけくそになった初日に、10万円負けましたね。何を打っても1回も大当たりを引けませんでした。でも、「もう別にまじめにお金貯めなくってもいいや!」と思ってました。でもどんどんお金がなくなっていく虚しさは相当なものでした。もともと料理が苦手で、ずっと実家でぬくぬくと暮らしていた私。家庭が幸せじゃないと、まったく家事をやる気がおきない。家に帰りたくなくて、パチ屋にいる、という状態でした。

ここから、以前に増してパチンコ依存がひどくなりましたね。ダイエットのリバウンドみたいなものでしょうか?独身時代にかけてた保険の解約金(40万円)も、交通事故の慰謝料(20万円)も、すべてパチに消えました・・・

その翌年ぐらいからは、仕事先の人にパチスロを教えてもらって、「パチよりスロだ!」と思い、どんどんのめりこみました。「勉強したら勝てる!」そう思ってました。実際、パチンコをしていたときよりは負け額が少なかったのです。(←でも負けてるんですけどね)。

スロをやり始めて約2年。スロットも運の要素が強くなり、高設定でも勝てなくなりました。1日に10万円単位で負ける私。情けなかった。そして、家庭を揺るがす事件から約3年たち、だいぶ精神的に落ち着いてきた私には、もうパチ屋に行く理由はないんじゃないか?と思いました。しかし、何度もやめようと思いつつ、やめられない自分。

ここで、あることを思いつきました。今までは、職場の人たちや、旦那に何度も「やめる!」って言ってことごとく挫折してきた。それはきっと、パチに行こうと思うストレスを作る人たちに宣言してたからだ、と。

誰にも言わずに禁パチしよう。

そう決意した私は、禁パチサイトで書き込みしたり、禁パチカウンターを設置してもらったりして、日数を重ねていきました。このままいけるかも?と思い、禁パチを確実にするために立ち上げたのがこのブログです。会社のスロ仲間には「最近行ってないけど、新台どうでした?」ってあえて聞いたりして、禁パチしてるのを隠しています。旦那には、ブログの更新中に家に帰ってこられて、2週間ほどでばれちゃいましたが・・・

とりあえずは、今までの最長記録の一年が、禁パチの目標です。その後は、依存症治癒の目安である3年を目指したいと思います。皆さん、よろしくお付き合いください。

長々と読んで頂いた方々、本当に有難う御座いました。(*- -)(*_ _)ペコリ





posted by にゃにゃ at 00:00| Comment(20) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ブログサーフィンでやってきました。
私も、色々ストレスや楽しいってのもあって、
スロやってます・・・
最近私も控えよう!!と思い
行く回数を減らしている最中です。
禁パチがんばってください!!
Posted by rukasuka at 2005年12月01日 22:19
rukasukaさん、いらっしゃいませ!
スロも、ストレス解消になっているうちは全然やってもかまわないと思うんですけどね。私は程々に、と言うのが出来ない性格なので、やめようと決意しました。(何回もリバウンドしてますけどね!)
応援していただけるととっても励みになります。また遊びに来てくださいね!o(*^▽^*)o~♪
Posted by にゃにゃ at 2005年12月02日 22:09
はじめまして、私は10代の頃から摂食障害とアルコール依存でまずアルコールで32の時に底着きまして、禁断症状に苦しみました。アルコールが切れると吐き気と全身の痺れ、そして倒れる。アルコールを入れるとまた元気に戻る。それと過食嘔吐のダブルでしたから体はボロボロ肝臓の数値はなんと3000までいっていました。ちょっとだるいからと点滴打ちに行ったら「帰れませんよ」と医師に言われ強制入院。でも飲酒欲求でのた打ち回る私、保護室へ入れられる。入退院の繰り返し、スリップの繰り返し、AAに繋がってやっとのことで断酒することができました。断酒してもう5年以上になります。摂食ももう吐くことが急にできなくなってやめました。そしたら今度はだんながパチにのめるようになって自然と私も、だんなはパチで仕事もやめてサラ金手当たりしだい借りて1000万の借金になりました。そこで運のいいことに私の医療保護が通り
生活保護をうけられるようになりました。(私は何年もの精神病院生活でいつの間にか「精神障害者1級」になっていました)だんなはバイトをしはじめましたしバイト代も私が持っていたのでパチができなくなりあまりやらなくなりました。ところがだんなのバイト代で私が!パチに通うようになってしまったのです。
それでも足りなくなると親に治療費と偽ってずっと送金してもらってきました。その総額が1000万にもなってるよとこの間言われて愕然としました。
ああ、でもだんながバイトにでかけたこのぐらいの時間「ちょっといってしまおうか」とお金もはした金しかないくせに思ってるんですよね。
私はクロスアディクションというか全部のアディクションもってますから、今まで禁パチだけの人たちのサイトでかなり傷ついてきました。ちなみにドーパミンが出ない状況だとパーキンソン病になるとどこかのサイトに書いてありましたが私はパーキンソン病も持ってます。だからパチをやるとドーパミンが出るからやめられないっていうのが???と思ったりもしました。ああでもなんとかしなきゃ。また遊びに来ます。
お初なのに長々とスミマセンでしたM(._.)M
Posted by マユミ at 2006年02月19日 09:52
>マユミさん
初めまして。マユミさんの話聞かせていただいてうれしいです。本当に大変な思いをされましたね。
「禁パチ」と一言で言っちゃうと簡単ですけど、皆大概はその裏に色々抱えているものです。「依存」ですからね。その裏にある問題を解決するのが一番の脱出方法だと思います。これが難しいんですけどね(^^;
私は以前、一度だけネットの「オフ会」なるものに参加したことがあります。そこで会った方々も、傷を持ってました。元風俗嬢で、ろくでもない男に捕まって、やっと幸せな結婚をしたと思ったら旦那さんが自殺、女手ひとつで2人の子供を育てている方。性同一性障害と、躁鬱を併発している方もいました。苦しいのは自分だけじゃない、と思えました。すごく皆明るくて優しい人だったんですよ。
とにかく、マユミさんはまず体を元気にしてくださいね。ブログにも書きましたけど、この間私のおじが肝硬変でなくなりました。息子の借金のことでかなり悩んでいて朝からお酒を飲む生活だったようです。すごくつらかったです。今でもちょっとでも似た人がいると振り返ります。
どうか、自分をいじめないでくださいね。

負けずに長文になりました(*^^)ぐちゃぐちゃな文章でごめんなさい。またきて下さいね。待ってます。
Posted by にゃにゃ at 2006年02月19日 21:11
こんばんは、まぐろうと申します。4日目セーフでした。
脱パチでは書き込みありがとうございました。
どちらかというと週末の暇な時がよく行ってました。
25、6歳の頃は武富士に行って、1万が5〜6万と増え始めた頃に転職(りすとら)でおとなしくなったことがあります。
37歳の今迄で親の貯めててくれた260万と給料からの分を使い切ってました。18、9歳からの合計は分からないくらいお金を捨てたことになります。情けないことです。
せめてこれからはまともな生活をしたいです。
一緒にパチ、スロを断ちましょう。
Posted by まぐろう at 2006年05月16日 22:39
>まぐろうさん
4日目セーフ、頑張られましたね!
私も今まで捨てたお金があれば、もっといい家に住んでいると思います。それを考えると旦那にはすごく申し訳ないです。
お互いに「禁パチ」が「脱パチ」になるまで頑張りましょうね!
Posted by にゃにゃ at 2006年05月16日 23:11
はじめまして。
私は現在34歳になる会社員です。
私は、現在の彼と知り合うまでは、パチンコのパの字知らない人間で特に興味もなかったのです。。しかし、今の彼と知り合い、パチンコを覚えて早5年。そのうち、2年彼と一緒にパチプロで生活をしていました。現在はやめてと言うか、
稼げなくなってしまい、仕事をするようになって、半年になります。当初はパチンコから始まり、稼ぐようになてからは、スロットへ転向。
しかし、規制も重なり、ギャンブルで生活することが難しくなってしまい、仕事をしたのですが、
仕事をすると、安定した収入が得るために、その安堵感から、仕事帰り、休日とパチンコをする日常はなくなりませんでした。
生活費も使い込み、家賃も滞納するほどになることも・・・
普段、なにげなく打ってるときには、ある程度で、やめて帰る事ができるのですが、ストレスが
溜まると思考能力も関係なく、つぎこんでいる自分がいました・・・

こうしてここに投稿しているということは、
自分が依存症でないと思っていたけれど、
やっぱり、依存症なんだろうと思ったからです。

今の彼も元々、ギャンブル好きの彼なので、
けんかすることはお金の事ばかり・・・

昨日、彼とけんかをし、今日も朝から行ってしまい、家賃の半分以上を使い込んでしまい、
どうしていいかわからず、考えているうちに、
自分がだめな人間だと思い、自殺も考えてしまっています。

彼は自分がする事はいいのですが、私が打ちにいくと怒ります。
なので、余計に、負けたことも言えず、
何度も、行かないと行ったけど、挫折し、
私もいきたいのに、行けない。。という我慢がリバウンドし、、内緒で行くことにもなり。・・

すべてが悪循環になってしまっています。
一緒に暮らしていますが、彼は帰りも遅く、
毎日寂しく感じ、お金があるとパチンコへいってると忘れられる・・・

そんな日々です。
仕事も、打つために働いているようなもので、
ほかに趣味もみつけられず、友達もいなく、
親も他界して一人ぼっちの寂しさからこうなってしまっています。

パチンコさえ行かなければ・・・
でも、行かなくなったとしても彼はどこにも、
つれていってくれないし・・・

だったら、パチンコへ行けばいいや。

そんな気持ちになってしまうのです。
私はだめ人間なのでしょうか・・・

苦しいです。。
Posted by siori at 2006年07月15日 19:28
>sioriさん
はじめまして。書き込みしてくれて、ありがとうございます。苦しい気持ちを告白してくれて、嬉しいです。
まず・・・sioriさんは、だめ人間じゃありませんよ、絶対に。
でも、間違いなく依存症だと思います。『自分は依存症ではない』・・・そうやって、依存症というものを意識した時点で、ほとんどの人は依存症にかかっていると思います。

パチを覚えて5年ですか。私より全然短いですよ!(←自慢にならない(^^;))

読んでいると、自分の約300日前までの姿とすごくダブります。そうそう、私も自分を責めていた。1人で家にいるのが寂しくて、パチ屋に行って紛らわせてた。

取り敢えず、私も禁パチカウンターを登録させていただいているTAMARIXさん(TOPページにリンクがあります)を覗いてみてください。書き込まなくてもいいから、掲示板を読んでみてください。たくさん、同じように苦しんでいる仲間がいます。

決して一人ぼっちではないですよ。

そして、パチを止めるには、彼氏さんをどうにかしないといけませんが・・・どうにもなりませんか?距離をおくことは出来ませんか?

あんな機械のせいで、喧嘩するのはばかばかしいと思いますよ。そして、人生を振り回されるのもばかばかしいことです。

良ければ、いつでも遊びに来て、書き込みしてくださいね。ここで少しでも気分が楽になるのなら、こんな嬉しいことはないですから。お待ちしてます。
Posted by にゃにゃ at 2006年07月15日 23:23
 今日からお盆休み突入とあり 禁10日を過ぎたばかりの私は((o(> <)o))うずうずっ。。。こんな夜中にTAMARIXを見ていたら。。。ココを知り遊びに来ちゃいました(*^_^*) 
 にゃにゃさんのブログを読ませていただいて 誘惑に負けない勇気をもらったので ゆっくり休むことができそうです。
 にゃにゃさんは関西の方なのですね。ちなみに私は九州出身ですが、関西での生活が人生の半分以上になってしまった主婦です。
 また 足元を踏み外しそうになった時は遊びにきます。
Posted by ゆ〜 at 2007年08月11日 01:23
ゆ〜さん、初めまして!(=^ー゜)ノ 勇気をもらったなんていわれると照れます(。-_-。)ポッ

禁10日ちょい・・・しんどいでしょう?いやあ、私もその頃が一番しんどかったですよ!でも、一日行かないことを繰り返せば今以上辛くなることはないですから。

私は高知出身で関西での生活が人生の半分以上になってしまった主婦ですよ♪

おたがいぼちぼちいきまひょ☆
Posted by にゃにゃ at 2007年08月11日 23:13
はじめまして。今年三十路を迎えようとしてるにもかかわらず、今日も仕事帰り25000円なくしてしまった馬鹿な私。周りに何度も辞めると公言しつつ、辞められない本当の馬鹿。
スーパーでは何十円ケチるのに・・・愚かとしか言いようがないですね。

今日は店長みたいな人の心の声が聞こえるようでした。「いつもいつもお金くれてありがとう」「これからもお金くださいね!」
Posted by yoshi at 2008年01月09日 00:42
>yoshiさん
初めまして!
yoshiさんは今年三十路ですか。私はその頃はまだパチ漬けでした。その頃からちゃんとやめていたら百万円単位のお金が手元にあるか、海外旅行にでも行ってとっても大切な思い出が残ってると思います。
パチに行ってるとお金がなくなることにまず目が行きますけど、時間も失ってるんですよね。お金は働いたらまた稼げるけど、失った時間は戻ってこないんですよね。

>スーパーでは何十円ケチるのに・・・

もんのすごい分かる!まさに以前の私です。

一緒にパチに支配されない生活を送ってみませんか?
Posted by にゃにゃ at 2008年01月09日 16:47
はじめまして。

私もパチ依存症で禁パチ中です。
禁パチは何度も失敗していますが、今回は本気モードなので、経過日数は大分違いますが、禁パチに参加させてもらえたらな〜と思いつつコメントしています。

パチ歴は約3年。ハネモノデビューで甘デジばかりを打ってきました。
勝率は良いから(オスイチばかり)すぱっと止めていればかなり儲かっていたと思います。

でもこれが出来なかった為マイナスが嵩んで今回に至りました。

因みに私は150日間という設定にしました。
長いと1日経つのも長く感じてしまって、なかなか続かなかったのでこうしました。

こんな私ですが、よろしくお願いします。

Posted by 梅茶漬け at 2010年02月03日 22:52
>梅茶漬けさん
はじめまして!美味しそうなHNですねぇ( ̄〜; ̄)

パチは最終的にはやっぱり負けるように出来てますよ。やってる時は自分は例外みたいに思っちゃうんですけどね〜。

目標設定は、おっしゃるように長いと気が遠くなるので短めに設定して積み重ねていくのが良いと思います。

150日と言わず、『今日1日行かない』この繰り返しでいいと思いますよ!禁パチの先輩方の受け売りですけどね(^。^;)

こちらこそこれからも宜しくお願いします<(_ _)>
Posted by にゃにゃ at 2010年02月04日 00:12
はじめまして!

私も、パチンコ依存歴3年の主婦です。
最近まで、仕事をしていてそれなりに稼いでいましたが最後の方は、ほぼパチンコに費やしていました。給料日まえは、本当にかつかつで何度も辞めないと思いながら、当たるときの楽しさが辞められず、、といった感じです。

仕事を辞めたら、ストレスもなくなり辞めると思っていましたが、依存とはそう簡単なものじゃないんですね。
ついつい、いっては勝ったり負けたり負けたり負けたりと貯金が減る一方。
仕事もしないで、昼間からパチンコなんてありえないとわかっていながら行動がともなわない。

私も、一緒に辞めたいと思いコメントさせてもらいました。

にゃにゃさんも、がんばって下さい!
Posted by ちぃ at 2012年03月03日 03:06
>ちぃさん
こんにちは、初めまして!
コメントに今気付きまして( ̄Д ̄;)、すっかりお返事が遅くなりすいませんでしたm(_ _;)m

私もパチをしていた頃は自分の稼ぎはほぼパチに消えてました。今は家計に回すようになって、どれほど無駄なお金を使ってたかと愕然としますね。

でもお金はまぁ働けば取り返せるんですけど、一番失ったのは時間だと実感してます。
打っている時は楽しいんだからいいじゃんと思っていたけど、依存から抜けると何の実りも無い時間だった事に気付いてショックでした。

ちぃさんは昼間から打ったりしてるみたいですが、私は平日ほぼ毎日開店から閉店までどっぷりパチ漬けでした(;^。^A。 それでも今んとこ数年止められているので、きっと大丈夫です。

辞めたい→辞めよう→辞めた、になりますように。

一緒に頑張りましょうね☆e(^。^)g_
Posted by にゃにゃ at 2012年03月05日 15:09
苦しい思いしているのは、私だけでは、ないのですね。旦那の親と同居して20年。ストレスの塊でパチンコに行くと、何も考えなくていいので、楽でしたが、お金はたまりません、パチンコを優先して友達の約束もブッチしてしまうことも・・・・本当にパチンコやめたい。何か、楽しみを見つければいいのに・・・
Posted by ぎん at 2013年05月10日 10:00
>ぎんさん
初めまして!つたないブログにコメント残して頂き有難うございます┏○ペコリ

ぎんさん、同居されてるんですね。大変ですよねぇ・・・私は義両親との仲は良い方みたいですが、同居となったら話は別です(笑)

パチに行くと何も考えなくていい・・・めちゃくちゃ分かります。私もまさにその考えでした。当時は、家に極力居たくないと思っていました。パチに行っていて、友人の誘いを断った事も。後日、『パチンコの方が大事なんだって思ったよ( ´Д⊂』って言われました。今でも友達でいてくれてますが・・・

パチに嵌っている時って、どんな楽しみがあろうとパチを優先してしまうと思うんですよ。私、多趣味な方ですけどパチが最優先でした。

本当に本当に苦しいんですけど、『今日1日行かない』を繰り返して、行かない事が日常になるしかないんですよね。最初の一ヶ月は兎に角辛いですけど・・・。

一人でつらさを抱え込むのはしんどいので、私も幽霊会員ながら参加している「TAMARIX」などの禁パチサイトに参加してみるのも良いと思います。

あ、ここで愚痴を吐いて貰ってもOKですよ!(お返事遅れがちですけど(-_-;))

長々とお返事してしまってすいません。残りの人生、お互いに少しでも幸せになりましょうね。
Posted by にゃにゃ at 2013年05月11日 17:00
37才子供がいる主婦です。今年こそは、禁スロすると決めて…何年過ぎたでしょうか。もう、自分が自分じゃないみたいで、怖くて仕方ありません。依存症であることは、わかっているんです。可愛い子供と、遊んでれば一日過ぎて、お店に入らないでいいということもわかってるのに。お店に入るとおかしくなってしまう自分…。もうスロットに操られたくないよー。こんな意志の弱い私でも、辞めるこてできるでしょうか。
Posted by ちかぽー at 2014年01月15日 12:44
>ちかぽーさん
初めまして!コメに気付かずお返事遅れてしまい、大変失礼しました。ごめんなさい。

一日お子さんと遊べるということは、まだお子さんは小さいのかな?きっと大変な時期でしょうけれど、子供の出来ない私には羨ましい限りです(*´∇`*)

今はお店に行くのが生活の中に組み込まれていて当たり前になっているんでしょうね。辛いですよね。頭では分かってるし。でもストレス解消に、とか何とか理由を付けて行っては更にストレスを増やして帰ってくると言う・・・(汗)

私もそうでした。

私も意志は弱いです。

でも、意志が強かろうが、依存症になったら脳が麻薬に犯されちゃってるんだから脱出するのは大変ですよ。

禁パチしている人にいくら言われても、きっとあなたは私より強いから出来たんだって思うかもしれないけれど、あえて言います。

私でもやめたんだからちかぽーさんも辞められます。

先日も温泉宿のゲームコーナーでスロットをしましたが、実店舗には行こうと思いません。

お金、もったいない。他にやること、たくさんあるし。

どうやって時間を作ってたのか不思議なくらい。

休みの日は開店から閉店までお店にいて、一日十万以上負けたことのある人間が聞いてあきれるけれど。

最初の一ヶ月は本当にしんどいけれど、兎に角そこまで頑張って!失敗しても諦めてはダメです。

私はいいお母さんになりたくてパチを辞めました。(お母さんにはまだなって無いけれど)ちかぽーさんも、一緒に禁パチ頑張ってみませんか?私にとっても、依存症は一生付きあっていく病ですから。

長々と、失礼しました。
Posted by にゃにゃ at 2014年01月20日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック